備中和紙

丹下さんの備中和紙
丹下さんの備中和紙

びたみん屋では活字との相性が良い和紙を使っての印刷をしています。

できるなら岡山の和紙を使いたいと探していたところ、岡山県重要無形文化財保持者に認定されている丹下哲夫さんの「備中和紙」を使用させていただけることになりました。

半紙などでも有名な丹下さんの備中和紙。名刺サイズのものがあり、テキンで活字の印刷をしてみると驚くほどインクののりが良く、版側にくっついていきます。

余分なものが入っていない紙だからでしょうか。お孫さんの直樹さんの説明を聞きながら工場見学をしました。手間暇がかかった作業工程は想像どおりでした。手仕事がものを言う世界。そしてなんといっても原材料の確保の難しさに驚かされました。山に入って三椏や楮などを取ってくる方もご高齢で山に入れなくなってきているとのこと。伝統を残すためにはこの問題をどうしてもクリアしなくてはならない現実など、シビアなお話もうかがえました。

 

 

色んな方の手が加わった大切な和紙に昔ながらの印刷をほどこす。

伝統や文化の詰まった名刺を手にしてみませんか?

 

備中和紙公式ページ